冬は風俗で暖まろう

暖まるなら風俗が一番と思った時の体験談です。

都会で覚えた最高のサービス

田舎町から大学進学を機に大都会に出て来て、そのまま就職から早数年、自分ではすっかり都会人のつもりです。故郷に彼女を残して都会に染まって行く男を歌ったヒット曲とか幾つもありますが、いざ自分が主人公的な立場になってみれば、なるほどと実感させられる事ばかりです。とりわけ僕にとって、都会で覚えた最大の楽しみが風俗ですから、こればかりは歌詞には出来ませんが、都会のあの歓楽街の華やかさには、とりわけ免疫が無かった僕ですから、一瞬で惹き込まれてしまいましたね。学生時代からバイト代を風俗に注ぎ込む感じで、学業は二の次三の次でしたが、それでもこうして働く場所が有った訳ですから、やっぱり大都会は凄い!って感じでした。そんな一通りの風俗体験を通じ、最終的にこの先もずっとお世話になりたいのがデリヘルです。毎回デリヘル嬢と落ち合う場所やシチュエーションが変えられるのも新鮮ですし、やっぱりあのサービスに対して、絶対にリーズナブルだと明言出来る料金も魅力です。真夜中を過ぎても楽しめますし、デリヘルは自分にとっては「イイ事づくし」の最高の風俗です。ホントに都会に出て大正解でした。

エレガントにエッチプレイを満喫

結局風俗イコールお金を払っての性欲発散手段・・・そんなふうに言い切るばかり、あるいはそんな楽しみ方しかご存知無い男性って、悲しいかな大勢見受けられますが、これらはいずれも、あまりに残念過ぎますね。とりわけデリヘルみたく、デリヘル嬢を本物の彼女に見立てた時間を過ごせる上に、男性手動で色々なサービスをお願い出来る風俗だからこそ、一工夫も二工夫も凝らして倒しみたいと思うのは私だけでしょうか?ちなみに私のデリヘルエンジョイ法は、自室でエレガントなエッチタイムを演出から、女の子にも仕事を忘れ、1人の雌になって私と戯れてもらうのを密かな目標に、毎回プロの女性のハートのゲットに挑むスタイルです。勿論相手はお仕事ですから、あまりにわざとらしい室内の演出、例えばクラシック音楽が流れていたり、不自然にキザな台詞を吐いたりしても、上手にノリで返してくれるので、素人女性を口説く時みたいな、スベって外して重苦しい空気となる事はありません。結果毎回笑い転げながらの明るいエッチタイムで盛り上がってしまい、エレガントとは別方向のデリヘルタイムが常ですが、楽しみ方は十人十色でしょう。