冬は風俗で暖まろう

暖まるなら風俗が一番と思った時の体験談です。

家族サービスのノルマをクリアから

下着姿で寝る女性
ご近所でも子煩悩なマイホームパパと評判らしく、決して無理してそんな自分を演じている訳ではありません。子供達は大好きですし、許されるなら仕事など行かずにずっと一緒に過ごしたい程。冗談抜きで家内に外でバリバリ稼いで貰って、家事と育児は自分が担当でも構わない程、基本我が家大好きな私です。ところがここだけの話、ジキルとハイドではありませんが、この周囲のイメージとは真逆の「もう1人の僕と言うより俺」が居るのも事実です。部類の風俗ファン、それもデリヘルを好きを超越して愛していると言える程、デリヘルが自分だけの趣味であり生き甲斐だったりします。その理由は上手に説明出来ませんが、男が何かに夢中になる時って、第三者の理解がどうのこうのなど二の次でしょう。勿論他の風俗もそれなりにエンジョイ出来ますが、仕事を終えて帰宅するまでの間や、昼間家族サービスをこなした後のプライベートタイムなど、勝手知ったるの手際でこっそり堪能しています。エッチなご奉仕は受け身ですから疲れも感じず、女の子とのシャワータイムは明日への活力って位置づけです。これホントに絶対に内緒ですよ。

投稿日:2017年8月13日

仕事熱心モードだからこそのデリヘル

音楽関係の仕事と言っても、みなさんが想像されるテレビなどに露出するミュージシャンでは無く、いわゆる裏方的な作業がメインです。趣味がそのまま仕事になって、華やかで楽しそうなイメージを抱かれがちですが、実際には極めて地味で根気が必要な作業が続き、煮詰まって叫び出しそうになる場面も珍しくありません。良いアイデアが浮かばず納期が迫って来る、あのプレッシャーはいつまで経っても慣れる事はありません。そんな私のストレス発散と、それより何らかのヒントを求めて利用するのが風俗です。勿論エッチなサービスは大好きですが、お仕事モードを引き摺っている時など、むしろ行為は二の次で、プロフェッショナルの世界で頑張っている女の子達との会話の中に、ヒントを求めたかったりします。だからこそ風俗の中でも積極的に利用するのがデリヘルです。お客とのコミュニケーション能力に長けたデリヘル嬢との会話と、勿論プロのお仕事を経験する中、思わぬ閃きが舞い降りる事も珍しくありません。だから私がデリヘルを頻繁に利用している時は、それだけ一生懸命なお仕事モードって事なのですが・・・やっぱりご理解いただけないでしょうか?