冬は風俗で暖まろう

暖まるなら風俗が一番と思った時の体験談です。

断然ゴルフよりデリヘルの今の私

左膝の半月板を痛めてしまい、手術から入院期間を経て早々に退院出来たのですが、暫くは歩く事も制限され、大好きなゴルフもお預けです。きままな独身生活もこれでは単なる退屈な時間となってしまうばかり。仕方なく自宅でパソコンの無料動画を眺めていましたが、やはり男ですから自然とあっち方面にアクセスしてしまいました。そんな中で興味深く見入ってしまったのが、風俗を舞台にしたエッチ動画でした。そういえばゴルフ熱が高まるのと反比例から、風俗関連とは疎遠になっていた事に気づくも、この足の調子では歓楽街まで出向く事も叶いません。これもダメかと諦めかけたその時、画面が嬉しいヒントを伝えてくれたのです。「デリヘル」の四文字を目にした瞬間、何だか救われた気分になりました。早速ドキドキししながら店舗情報を確かめて、速攻で予約を入れました。やって来たデリヘル嬢も私の足の調子にキチンと気を遣ってくれ、その上での抜群のテクニックでのご奉仕を届けてくれて大満足。既に足は全快状態ですが、気分はゴルフよりデリヘルで、誘いを断る嘘の理由の捻り出しに一苦労中です。

投稿日:2017年4月19日

全国を駆け回るイベントスタッフです

イベント会場での設営から警備など、いわゆる裏方の仕事はヒントに大変です。ファンが大群を成した時のあの強力なパワーをコントロールするのは並大抵ではありません。無我夢中での勤務時間から無事にイベントが終了すれば、彼女達のお目当の出演者達は、既に打ち上げに移動してしまい、直接言葉を交わす事など、下っ端の私にはあり得ないシチュエーションです。仕事を離れても半狂乱状態のうつろな表情で黄色い声を上げ続ける、数え切れない女性ファンの恍惚の表情が網膜から離れません。その表情がエッチのあの時の表情と重なってしまい、結局風俗でスッキリさせて気分を切り替える繰り返しですが、近隣に風俗店が見当たらない場合も少なくありません。そんな時の切り札がデリヘルサービスです。宿舎のホテルで待っていれば全てバッチリスッキリですので、大きな地方イベントの後など同じデリヘル嬢を希望からバッティングしてしまう事もあったりします。私達みたいな全国各地を集団で移動する男性チームにとって、デリヘルは必要不可欠なサービスの筆頭です。